人工知能学会全国大会論文集
第29回全国大会(2015)
セッションID: 2H5-OS-03b-5
会議情報

組合せテストケース生成問題に対する制約解集合プログラミングの適用
*兼行 大将番原 睦則宋 剛秀田村 直之井上 克巳
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

制約解集合プログラミング(CASP;Constraint Answer Set Programming)は,解集合プログラミングと制約プログラミングを融合した新しいプログラミングパラダイムである.近年,SAT技術を応用した高速なCASPソルバが開発され,注目を集めている.本研究では,組合せテストケース生成問題に対して,制約充足問題としての定式化およびCASP符号化を提案し,その有効性を検証する.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top