人工知能学会全国大会論文集
第32回全国大会(2018)
セッションID: 2C2-01
会議情報

ソーシャルポルノ仮説の提案とその観測に向けて
*榊 剛史鳥海 不二夫
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

フェイクニュースや炎上,エコチェンバー現象など,近年は個人による情報発信における負の側面が注目されている.我々は,それらの現象を引き起こす原因の一つとして,ソーシャルポルノという仮説を提案する.ソーシャルポルノとは,「特定のコミュニティに属するユーザが、脊髄反射的に拡散・共有してしまいたくなる情報」を意味する. 本論文では,ソーシャルポルノの観測を行う前段階として,ユーザ反応時間という尺度を定義し,いくつかのツイートについて,ユーザ反応時間分布の違いを考察した.結果として,特定のコミュニティのユーザが拡散する投稿とランダム抽出した投稿には,ユーザ反応時間の分布に違いが生じる可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top