人工知能学会全国大会論文集
第32回全国大会(2018)
セッションID: 2K1-03
会議情報

観光案内におけるニューラル言語モデルを用いた説明文の生成
生田 和也品川 政太朗*吉野 幸一郎鈴木 優中村 哲
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

近年,IoTと呼ばれる現実世界の情報を観測・収集する取り組みがなされており,この観測情報をもとにリコメンドなどの観光案内を行うシステムへの応用が期待されている.こうした観光案内を行う上で,自然言語による情報提示はユーザビリティを高めると期待されている.観光案内のようなシステムで自然言語を用いる場合,伝達内容をあらかじめ用意した文のテンプレートに埋め込むことが行われてきたが,表現の多様性や未知のクラスパターンに対応した文生成を行うことが難しいといった問題があった.そこで本研究では,伝達内容をベクトル表現として用い,ニューラル言語生成と同時最適化することにより,テンプレートに依存しない観光案内文の生成を行う.モデル構築には,クラウドソージングによって作成した観光案内コーパスを用いた.ここから学習したモデルが,意図した伝達内容を考慮した観光案内文が生成可能であるかや,未知のエンティティパターンに対応可能であるかについて分析・検討を行う.

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top