人工知能学会全国大会論文集
第32回 (2018)
セッションID: 3G2-01
会議情報

文章構造を取り入れた文間類似度グラフに基づいた一貫性に関する評価指標の提案
*庵 愛冨永 敦子竹川 佳成平田 圭二
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

一貫性とは,文章の意味的なまとまりの良さであり,わかりやすい文章の執筆に必要である.しかし,文章が長くなる程人手での一貫性の評価は難しいため,一貫性の自動評価における需要性は高い.また,従来の一貫性評価は,前後する2文間における一貫性の評価がほとんどであったが,文章は複数の構造で構成されるため構造を考慮する必要がある.そこで,本研究では,文章構造を取り入れた文間類似度グラフに基づく,一貫性を自動評価する指標を提案する.従来手法との比較実験を行い,提案手法における評価性能を調査した.その結果,従来手法に匹敵する精度が得られ,提案手法も一貫性を評価するのに有効であると示唆された.

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top