人工知能学会全国大会論文集
第35回 (2021)
セッションID: 1J3-GS-10e-03
会議情報

携帯電話人口統計データと新規陽性者数の相関に着目したCOVID-19の感染リスク地区の抽出
*石田 展雅豊田 正史梅本 和俊商 海川是津 耕司
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行制御と経済活動を両立するために,集中的に感染が発生している地区に対象を限定した介入政策が求められている.しかし,多くの陽性者について感染経路の特定が出来ておらず,感染源となっている場所を特定することは難しい.専門家による人手調査の負荷を軽減するために,本研究では,携帯電話人口統計データと市区町村単位の陽性者数時系列を用いて,感染源となっている可能性がある場所,すなわち感染リスク地区を抽出する手法を提案する.提案手法は,感染リスク地区の人口の増減が新規陽性者数の増減に反映される,及び人口変動と感染症の実効再生産数の変動の関係が近似的に線形である,という2つの仮定の下で,人口変動と実効再生産数の相関が大きいメッシュを感染リスク地区として抽出する.実際の時系列には非線形な摂動が含まれるため,単純な相関係数の代わりに,動的時間伸縮法に基づく方法で相関を求める.東京都渋谷区を対象にした実験の結果,夜の繁華街の人口と区の実効再生産数の相関が大きいことが確認された.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top