人工知能学会全国大会論文集
第35回 (2021)
セッションID: 2J4-GS-8c-04
会議情報

Head-to-Head型のマルチエージェントマルチモーダルカテゴリ形成による記号創発システムの表現
*古川 和磨谷口 彰萩原 良信谷口 忠大
著者情報
キーワード: 人工知能, 記号創発
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

記号創発システムをモデル化するためのマルチエージェントマルチモーダルカテゴリ形成は,以前の研究で提案された.しかし,このモデルは記号,すなわち単語を物体カテゴリを表す潜在変数の事前確率分布とみなしており,記号を観測情報,すなわちグラフィカルモデルのリーフノードとみなしていた既存のマルチモーダルカテゴリ形成のモデルとの互換性が無かった.本研究では,以前のモデルにおける記号に対応する変数のtail-to-tail接続をhead-to-head接続に修正することで,新しいモデルを提案する.実験では,以前に提案したモデルと今回提案したモデルを比較した.実験の結果より,修正したモデルの性能は,元のモデルと同等であることが示された.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top