人工知能学会全国大会論文集
第35回 (2021)
セッションID: 3J2-GS-6b-02
会議情報

対話システムの先読み能力実現に向けた未来の展開まで生成する学習戦略の提案と分析
*岸波 洋介赤間 怜奈佐藤 志貴鈴木 潤徳久 良子乾 健太郎
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

人間同士の対話において,ある時点での発話は,過去の文脈だけでなく未来の展開に動機付けられる場合がしばしばある.未来の展開を先読みし,それを現在の発話に活用することは,能動的な対話の進行に重要な要素のひとつであり,近年,ニューラル対話応答生成の研究領域においても未来の展開を先読みする能力は注目されつつある.我々はこれまでに対話システムの先読み能力を分析可能な「先読み雑談タスク」を提案した.本研究では,対話システムの先読み能力を実現するために,既存の対話システムの枠組みに対し未来の展開まで生成する学習戦略を提案する.具体的には,入出力がそれぞれ過去の文脈,未来の展開を含む複数発話で構成される対話データを用いて,応答とその先の未来の展開まで生成するsequence-to-sequenceモデルを構築する.実験では,提案戦略で学習した対話システムを用いて「先読み雑談タスク」を実施し,システムが先読みをおこなえるのか分析する.実験結果から,既存の対話システムの枠組みで先読みをおこなう難しさを考察する.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top