生産管理
Online ISSN : 2186-6120
Print ISSN : 1341-528X
ISSN-L : 1341-528X
赤外線エリアスキャナによる性別識別システム
ベイジアンネットと判別分析との比較
田嶋 拓也阿部 武彦木村 春彦
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 14 巻 1 号 p. 193-198

詳細
抄録

本研究では、販売戦略研究で扱われている人物属性識別で問題となっている識別対象者のプライバシー侵害問題や、システム設置環境の制限に配慮した人物の性別識別システムを構築し、ベイジアンネットワークと判別分析を、それぞれを適応した場合の識別率を求めることを目的とする。本研究で構築したシステムは赤外線エリアスキャナを導入したものである。赤外線エリアスキャナを使用することにより、カメラ画像を用いた場合に起こるプライバシー侵害の問題が起こらないことなど、従来研究の問題点を解決できる。また、本研究では身長・歩速・歩幅を用いで1生別の識別を行う。これは身長・歩速・歩幅には性別差があることを利用している。

著者関連情報
© 日本生産管理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top