皮膚
Online ISSN : 1884-541X
Print ISSN : 0018-1390
肝斑に対するトラネキサム酸療法
東 禹彦
著者情報
キーワード: 肝斑, 治療, トラネキサム酸
ジャーナル フリー

1988 年 30 巻 5 号 p. 676-680

詳細
抄録

肝斑患者11名にトラネキサム酸0.75-1.59/日を投与した。投与開始後1-2カ月後には, 11例全てにおいて着色の軽減を認めた。投与を中止すると, 1-2カ月後には着色の程度は旧に復した。副作用は認めなかった。トラネキサム酸の内服療法は肝斑の治療法としてきわめて優れた治療法と考えた。

著者関連情報
© 日本皮膚科学会大阪地方会
前の記事
feedback
Top