皮膚
Online ISSN : 1884-541X
Print ISSN : 0018-1390
レボフロキサシンによると思われる薬疹を伴った横紋筋融解症の1例
内藤 静夫
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 39 巻 5 号 p. 485-487

詳細
抄録

症例: 55歳, 男。レボフロキサシン内服後に発疹と筋肉痛を発症し, CPK, ALD, LDHなど筋原性酵素の上昇と血中ミオグロビンの増加が認められた。プレドニゾロン内服にて臨床症状, 検査所見とも正常に復した。レボフロキサシンによるDLSTは254%で, 内服試験は施行しなかった。レボフロキサシンによる薬疹を伴った横紋筋融解症と考えられた。

著者関連情報
© 日本皮膚科学会大阪地方会
前の記事 次の記事
feedback
Top