Trends in Glycoscience and Glycotechnology
Online ISSN : 1883-2113
Print ISSN : 0915-7352
ISSN-L : 0915-7352
グライコレビュー(日本語)
同時酵素糖化粉砕による植物バイオマスの機能素材化
敷中 一洋中村 雅哉Navarro Ronald R.大塚 祐一郎
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2020 年 32 巻 186 号 p. J51-J62

詳細
抄録

本総説では、新規の抽出法を通じた植物の多糖類・リグニンの高付加価値利用について概説する。第一に、処理に際し環境への負荷が大きい薬品を必要としない糖類・リグニン抽出法「植物同時酵素糖化粉砕【SESC】」について紹介する。第二に、SESCにより抽出された糖類・リグニンを原料としたエタノール・抗酸化剤・スピントラップ剤・耐熱フィラー・形状記憶高分子・紫外線保護膜などへの用途検討について述べる。第三に既存の植物バイオマス処理法に比したSESCの応用可能性について解説する。

著者関連情報
© 2020 FCCA (Forum: Carbohydrates Coming of Age)
前の記事 次の記事
feedback
Top