J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

人工知能学会論文誌
Vol. 30 (2015) No. 1 一般論文/特集論文「Webインテリジェンスとインタラクションの新展開」,「オノマトペの利活用」,「近未来チャレンジ2013」 p. 138-147

記事言語:

http://doi.org/10.1527/tjsai.30.138

原著論文
  • [Agichtein 12] E. Agichtein, R. W. White, S. T. Dumais, P. N. Bennett, Search, Interrupted: Understanding and Predicting Search Task Continuation, SIGIR'12, pp. 315-324, 2012.
  • [Bollen 10] J. Bollen, H. Mao, X.-J. Zeng, Twitter Mood Predicts the Stock Market, CoRR abs/1010.3003, 2010.
  • [Ferreira 05] A. Ferreira, J. Atkinson, Intelligent Search Agents Using Web-Driven Natural-Language Explanatory Dialogs, IEEE Computer, Vol. 38, No. 10, pp. 44-52, 2005.
  • [Ferrucci 10] D. Ferrucci et al., Building Watson: An Overview of the DeepQA Project, AI Magazine, Vol. 31, No. 3, pp. 59-79, 2010.
  • [蓮井 13] 蓮井,松下,言語表現による時系列データ検索システムの提案,人工知能学会第3回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会,pp.58--62,2013.
  • [石黒12] 石黒,高間,為替レートを対象としたコンテクスト検索システムの提案,FSS2012, TF3-3,pp.199-202,2012.
  • [和泉 09] 和泉,後藤,松井,テキスト情報による金融市場の逐次外挿予測,人工知能学会研究会資料,SIG-FIN-003-02,2009.
  • [Jones 13] Apple's Siri And Google Both Get C+ Grades From Gene Munster, Forbes.com, http://www.forbes.com/sites/chuckjones/2013/12/10/apples-siri-and-google-both-get-c-grades-from-gene-munster/, 2013. (2014.7.13現在)
  • [亀井 07] 亀井,門田,松本,WWWを対象としたソフトウェア検索エンジンの構築,電子情報通信学会技術研究報告ソフトウェアサイエンス,Vol.102,No617,pp.59-64,2007.
  • [加藤 13] 加藤,桑折,高間,「動向に関する問い」を対象タスクとしたコンテクスト検索の提案,人工知能学会第3回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会,pp.7-12,2013.
  • [加藤 04] 加藤,松下,平尾,動向情報の要約と可視化に関するワークショップの提案,情報処理学会研究報告/自然言語処理研究会報告,2004(108),pp.88-94,2004.
  • [加藤 12] 加藤,高間,Web コンテクスト情報に基づく同時期流行アイテム検索手法の提案,FSS2012,pp. 115-118,2012.
  • [Kim 13] J. Kim, M. Cramer, J. Teevan, D. Lagun, Understanding How People Interact with Web Search Results that Change in Real-Time Using Implicit Feedback, CIKM'13, pp. 2321-2326, 2013.
  • [Kleinberg 02] J. Kleinberg, Bursty and Hierarchical Structure in Streams, Proc. of the 8th ACM SIGKDD International Conference on Knowledge Discovery and Data Mining, pp. 1-25, 2002.
  • [小久保 02] 小久保,小山,山田,北村,石田,検索隠し味を用いた専門検索エンジンの構築,情報処理学会論文誌,Vol.43,No.6,pp. 1804-1813,2002.
  • [桑折 13] 桑折,加藤,高間,検索エンジンを用いた情報検索におけるユーザ行動の分析,人工知能学会第4回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会,pp.9-14,2013.
  • [Manning 08] C. D. Manning, P. Raghavan, H. Schutze, Chapter 19: Web Search Basics, Introduction to Information Retrieval, Cambridge University Press, 2008.
  • [松下 06] 松下,加藤,数値情報の補填とグラフ概形の示唆による複数文書からの統計グラフ生成,知能と情報,Vol. 18, No. 5, pp.721-734,2006.
  • [宮川 06] 宮川,鈴木,鍋島,岩沼,専門検索エンジンの高速半自動生成法,第5回情報科学レターズ LL-005,pp.355-358,2006.
  • [Mobasher 06] B. Mobasher, Web Usage Mining, Encyclopedia of Data Warehousing and Mining, Idea Group, 2006.
  • [森本 10] 森本,辻,山田,学習コンテンツのメタデータ検索エンジンの開発: 電子情報通信学会ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会,110(42),pp.13-17,2010.
  • [灘本 07] 灘本,堀内,ブロガーの注目情報を用いた株価変動予測の試み,情報科学技術フォーラム一般講演論文集6(2),pp.369-370,2007.
  • [NY] The New Yorker, Inequality and New York's Subway, http://www.newyorker.com/sandbox/business/subway.html (2014/5/6現在)
  • [NYT 09] The New York Times, Clean Water Laws Are Neglected, at a Cost in Suffering, http://www.nytimes.com/2009/09/13/us/13water.html?\_r=0 (2014/5/6現在)
  • [西藤 03] 西籐,喘息用語に特化した検索エンジンの構築と運用について―検索エンジンを用いたインターネットで求められている喘息に関する情報の調査,アレルギー,52(12),pp.1122-1131,2003.
  • [奥田 07] 奥田,難波,奥村,新聞記事とblogからの動向情報の抽出と可視化,言語処理学会 第13回年次大会,C5-4,2007.
  • [奥村 04] 奥村,南野,藤木,鈴木,blogページの自動収集と監視に基づくテキストマイニング,人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー研究会,SIG-SWO-A401-01,2004.
  • [大向 13] オープンデータとLinked Open Data,情報処理,Vol. 54, No. 12, pp. 1204-1210, 2013.
  • [Pierrakos 03] D. Pierrakos, et al., Web Usage Mining as a Tool for Personalization: A survey, User Modeling and User-Adapted Interaction 13, pp.311-372, 2003.
  • [齋藤 04] 齋藤,三輪,Web情報検索におけるリフレクションの支援,人工知能学会論文誌, Vol. 19, No. 4, pp. 214-224, 2004.
  • [佐々木] 佐々木俊尚公式サイト, データジャーナリズムとは何か?, http://pressa.jugem.jp/?eid=200 (2014/5/6現在)
  • [Silverstein 99] C. Silverstein, M. Henzinger, H. Marais, M. Moricz, Analysis of a Very Large Web Search Engine Query Log, SIGIR'99, pp. 6-12, 1999.
  • [Spink 01] A. Spink, D. Wolfram, M. B. J. Jansen, T. Saracevic, Searching the Web: The Public and Their Queries, Journal of the American Society for Information Science and Technology, Vol. 52, Issue 3, pp. 226-234, 2001.
  • [Srivastava 00] J. Srivastava, et al., Web Usage Mining: Discovery and Applications of Usage Patterns from Web Data, ACM SIGKDD Explorations Newsletter 1.2, pp.12-23, 2000.
  • [鈴木 05] 鈴木,鍋島,岩沼,精錬手法に基づく検索隠し味型専門検索エンジンの半自動構築,情報科学技術フォーラム一般講演論文集,4(4),pp.199-202,2005.
  • [高橋 11] 高橋,安村,上原,半教師付き学習を用いた話題出現頻度推移からの注目話題の早期発見,電子情報通信学会知能ソフトウェア工学研究会,110(386),pp. 31-36,2011.
  • [立薗 13] 立薗,世界のデータジャーナリズム最前線,Webインテリジェンスとインタラクション研究会特別講演発表スライド http://www.slideshare.net/tsudamag/vol105-ddj(2014/5/6現在)
  • [Thatcher 08] A. Thatcher, Web search strategies: The influence of Web experience and task type, Information Processing and Management, Vol. 44, pp. 1308-1329, 2008.
  • [徳永 07] 徳永,言語処理を利用した知的情報アクセス―検索,抽出,要約,分類,QA,オペレーションズ・リサーチ 経営の科学,52(11),pp.713-718,2007.
  • [鱗原 99] 鱗原,古田,田中,黒須,設計者と初心者ユーザーの操作時間比較によるユーザビリティ評価手法,ヒューマンインタフェースシンポジウム’99論文集,pp.537--542,1999.
  • [White 07] R. W. White, S. M. Drucker, Investigating Behavioral Variability in Web Search, WWW'07, pp. 21-30, 2007.
  • [山本 07] 山本,谷岡,殿井,動向情報の検索による情報編纂,第21回人工知能学会全国大会,3H9--3,2007.
Copyright © 人工知能学会 2015

記事ツール

この記事を共有