詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "死の舞踏" サン=サーンス
3件中 1-3の結果を表示しています
  • 小林 忠好
    日本経営倫理学会誌
    1998年 5 巻 81-89
    発行日: 1998/03/31
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー
    Thanks to a development of modern technology, We have been able to live a comfortable life. As the result of the pursuit of technology, however, environmental destruction and other many problems have been brought about. The causes of environmental destruction have been carried by various levels: from the level of individuals to that of nations. It is quite obvious that business should cause one of big major environmental problems. I expect that business ethics gives us a key to solve the problems. This time, I want to bring out a question:is it possible that business ethics changes many problems caused by business in a modern society? In order to find a solution of the problems in a modern society with the help of the medieval ages, I would like to reflect the 20th century. The reason why I picked up the medieval ages is the existence of a famous book on history written by Johan Huizinga. The title is The Waning of the Middle Ages,("Herfsttij der middeleeuwen")
  • フランス派ピアニストを中心に
    佐野 仁美
    音楽表現学
    2006年 4 巻 1-14
    発行日: 2006/11/30
    公開日: 2020/05/25
    ジャーナル フリー

    戦前日本の音楽界ではドイツ音楽中心主義が強かったが、第一次世界大戦後には西洋音楽の普及が進み、近代フランス音楽に目を向ける人たちも増えていった。本稿では、ドイツ派とフランス派の対立がもっとも際立っていたピアノの分野を中心に、フランス派と目されていた人々が日本の音楽界に何をもたらし、かつ当時の人たちからどのようなイメージで見られてい たのかを考察した。フランスに留学したピアニストは、近代フランス音楽をレパートリーに組み入れ、音の美しさや音色の色彩的表現の豊かさ、繊細な弱音などフランス・ピアニズムを日本のピアノ界に持ち込んだ。フランス派の中にも、野辺地瓜丸(勝久) や宅孝二、原智恵子らコルトーの影響を強く受けた人たちと、新即物主義に近い新しい解釈を示した草間(安川)加寿子の二つの傾向があった。戦前における彼らの実演は、日本で近代フランス・ピアノ音楽が戦後急激に広まることを可能にしたと思われる。

  • ルイ・ヤンセンの「音楽・映画同期化」システムをめぐって
    大傍 正規
    映画研究
    2008年 3 巻 4-25
    発行日: 2008年
    公開日: 2019/12/02
    ジャーナル オープンアクセス
feedback
Top