詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "Swampman"
3件中 1-3の結果を表示しています
  • 前田 高弘
    科学哲学
    1999年 32 巻 1 号 67-81
    発行日: 1999/05/15
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
    注意されたいのは,私はスワンプマンがある種の生物学的機能や心的特性(ないしそれに似た何か)をもつことを否定してはいないということだ.スワンプマンが通常の照明の下で赤いリンゴを目の前にしたとき,彼はあなたが同様の条件下でもつ経験と同じ経験をもつという直観は,内在主義というより,物理的スーパーヴィニエンスに基づく自然主義に由来するものであるように思われる.だが他方で,心的特性を進化論的な観点によって捉えようとする外在主義も同様の自然主義によって動機づけられており,本稿は,この自然主義の内部における対立を調停する試みであると言える.この試みによって,外在主義者たちがスワンプマンに悩まされなくなれば幸いである.だが,たとえそうならなくても,スワンプマンを自然法則に関する形而上学的問題の中に位置づけることによって,志向性や感覚質に関する哲学的議論の場そのものからはスワンプマンに別れを告げることができれば私は満足である.そこではドッペルゲンガーだけで十分だろう.
  • Kazuhisa TODAYAMA
    Annals of the Japan Association for Philosophy of Science
    2015年 23 巻 53-58
    発行日: 2015/03/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー

    If we take "experimental philosophy" in a wider sense, it is almost the same as methodological naturalism in philosophy. Experiments of this kind would be available and also fruitful in the philosophy of mathematics. They surely will have a substantial contribution to epistemology of mathematics. At present, however, the phrase "experimental philosophy" is used in a much narrower sense. It refers exclusively to a branch of naturalized philosophy that uses the data gathered through questionnaire surveys to investigate the intuitions of ordinary people. We claim that experimental philosophy in this narrower sense will have little relevance to the philosophy of mathematics, since the philosophy of mathematics is not engaged in conceptual analysis despite of its appearance.

  • 水本 正晴
    科学哲学
    2004年 37 巻 1 号 43-59
    発行日: 2004/07/25
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
    Swampan poses a problem for physicalists who adopt the teleological approach to functionalism. In this paper I reformulate the intuitive idea behind the physicalists' worry about it as "Swampman argument", and consider possible rejoinders, including Maeda (1999)'s claim that swampman is not even imaginable. This paper was originally intended as a comment on Maeda's reply to Mizumoto (2000), which criticized his (1999).
feedback
Top