日本接着学会誌
Online ISSN : 2187-4816
Print ISSN : 0916-4812
ISSN-L : 0916-4812
研究速報
原子間力顕微鏡を用いた微細探針と無機固体表面間のHamaker定数解析
河合 晃堀口 博司
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 37 巻 4 号 p. 146-149

詳細
抄録

物質間に働くファンデルワールス相互作用を表す物理量の一つにHamaker定数がある。Hamaker定数A[J]は,固体表面において,曲率半径R[m]の微細探針の吸着力F[N]を測定することにより実験的に求められる。また,Lifshitz理論によれば,Hamaker定数Aは,探針材料および試料表面の屈折率nと比誘電率Eを用いて理論的に求めることができる。本研究は,これらの異なる手法で求めたHamaker定数間に正の相関があることを確認し,微細探針を用いた物質間のHamaker定数解析の有効性を示した。また,材料の異なる探針を用いることにより,測定試料の材質同定技術の可能性を議論する。

著者関連情報
© 2001 一般社団法人 日本接着学会
前の記事 次の記事
feedback
Top