日本接着学会誌
Online ISSN : 2187-4816
Print ISSN : 0916-4812
ISSN-L : 0916-4812
最新号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
総説
  • 畠山 真由美, 北岡 卓也
    2020 年 56 巻 2 号 p. 57-62
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2021/09/30
    ジャーナル 認証あり

    Carbohydrate chains are the third biopolymer following nucleic acids and proteins. Cells are covered with chain-like carbohydrates derived from glycoproteins and glycolipids. Cellular signaling and regulation in biological systems occur on the boundary surfaces of cell membranes, called biointerfaces here, via carbohydrate-protein interactions. Therefore, structural and biofunctional design of carbohydrate-based scaffolds for cell culture applications has attracted much attention in tissue engineering and regenerative medicines. However, in most cases, such trials remain limited to utilize the physicochemical properties of polysaccharides such as porous gel structures and water uptake properties. In our works, various carbohydrate chains were site-selectively modified at their reducing ends with thiosemicarbazide, and successfully immobilized on a gold substrate through self-assembly chemisorption via S-Au bonding. Carbohydrate clusters with regulated orientation and surface density made significant contribution to cell adhesion, cellular signaling and alignment required for tissue engineering. Besides, the rigid nanofibrous form of surface-carboxylated cellulose nanofibers was promising to imitate the structures and functions of extracellular matrix in vivo from viewpoints of physics and chemistry. This article focuses on the in vitro carbohydrate-mediated bioresponses in cell culture systems, and reviews our recent advances in the functional nano-architectonics of glyco-biointerfaces to realize materials therapy.

研究論文
  • 浦濱 圭彬, 村田 順平, 岸 肇
    2020 年 56 巻 2 号 p. 48-56
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2021/09/30
    ジャーナル 認証あり

    BA/AA=95/5( 重量比) のアクリル系ポリマーの力学的性質の解明を行っている。リビングラジカル重合ポリマーのゾル成分の分子量分布の架橋剤量依存性の解析を試みた。低架橋剤当量組成( すなわち,0.001 当量および0.002 当量) のゾル中に分子量100 万以上の分布の増加が認められ,同時に低分子量域の分布が減少した。 さらにゾル成分の分子量分布のデータを3 個の正規分布( ガウス曲線) からなると仮定し,マルチカーブフィッティングを行うことにより3 個のピークに分離し定量的に解析した。 その結果以下の事項が明らかとなった。 ① 架橋剤当量が0.001eq と0.002eq ではゲル化せず,まず2 量体化が起こる。その結果,分子量が100 万を超える新たな分布が生成する。 ② 架橋剤量が多くなるとこの分布がゲル化に寄与して消費され,その割合はゲル化と共に急激に減少する。

総合論文
  • 田中 敬二
    原稿種別: 研究論文
    2020 年 56 巻 2 号 p. 42-47
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2021/09/30
    ジャーナル 認証あり

    接着技術はデバイスやモビリティーはもちろん,社会インフラ等まで広い範囲で使用され,次世代におけものづくりの基盤技術となりつつある。高性能な接着剤を作る研究開発は広く進んでいる一方で,接着現の分子レベルでの理解はそれほど進んでおらず,ひいては,接着メカニズムの原理解明に関する系統的な究は行われていない。本稿では,接着剤の構成要素として高分子に着目し,異種固体と接着した際の構造よびそのダイナミクスについて議論する。

feedback
Top