J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

不安障害研究
Vol. 5 (2013) No. 2 p. 110-115

記事言語:

http://doi.org/10.14389/adr.5.110

資料

私は臨床薬学の研究経験のある自閉症スペクトラム障害(ASD)当事者で,リトルプロフェッサーズというNPOをベースに東京都と札幌市において,成人ASD者のピア活動を行っている(片岡,2013a)。またこのNPOの活動として,小学生から高校生までのASD児の学習支援および余暇支援を行っている。このように一定の医学知識を有するASDピアサポーターという立場から,学校保健関係者,医療従事者の人たちに向け,1.ASDにおける不安の認知の困難さ,2.ASD児の不安障害の診断の問題点,3.ピア症例の提示,4.ASD児の不安障害を考える視点としての心身医学,に分けて論じてみたい。

Copyright © 2014, Japanese Society of Anxiety Disorder

記事ツール

この記事を共有