日本原子力学会 年会・大会予稿集
2013年春の年会
セッションID: A51
会議情報

ファジィ理論に基づく核拡散抵抗性評価手法を用いた核燃料サイクル多国間管理構想の評価
*谷口 裕幸宇根崎 博信
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

核不拡散強化の観点から多国間で核燃料サイクルを共同して実施する核燃料多国間管理構想において、原子力新規導入国にとっては、核拡散抵抗性の強化に伴う制約によってエネルギー安定供給力の低下が生じ得るという問題が付随する。本研究では、あるレベルの核拡散抵抗性を維持した場合、エネルギー安定供給力がどの程度影響されるかという観点から、核燃料多国間管理構想における核拡散抵抗性レベルとエネルギー安定供給力の関係に注目した評価を行った。具体的には、核拡散抵抗性については核燃料物質総量の不確かさにより生じる転用可能性、エネルギー安定供給力については燃料供給途絶が起こった場合に発電を維持できる期間に注目し、ファジィ理論に基づく核拡散抵抗性評価に基づいて、燃料サイクルの多国間分担の代表的な例について定量的な評価を行った。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本原子力学会
前の記事 次の記事
feedback
Top