日本建築学会技術報告集
Online ISSN : 1881-8188
Print ISSN : 1341-9463
環境工学
デリー(インド)近郊の伝統的中庭式住居と現代的集合住宅における温湿度環境の実態
柳沢 究吉永 美香塚本 英勝山本 慧
著者情報
ジャーナル 認証あり

23 巻 (2017) 54 号 p. 603-606

詳細
PDFをダウンロード (1940K) 発行機関連絡先
抄録

This paper reports the results of a field survey on the indoor air temperature and relative humidity environments of a traditional courtyard house in Old Delhi and a modern apartment in Gurgaon, India, in winter, summer and monsoon. The modern apartment showed more suitable indoor temperature than the traditional courtyard house though its heat loss was not negligible under cooling conditions. The traditional courtyard house had quite stable indoor temperature because of the large heat capacity from thick brick walls. The courtyards worked as buffer zone between the outside environment and the mild interior temperature.

著者関連情報
© 2017 日本建築学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
関連情報

●技術報告集2019年6月号からの冊子廃止・完全電子化に伴う規程類の変更についてはこちらをご確認ください。2019年6月まで全文PDFについては刊行後1年の間は公開していません。

主な採録インデックス:
feedback
Top