失語症研究
Online ISSN : 1880-6716
Print ISSN : 0285-9513
ISSN-L : 0285-9513
原著
非言語音認知の大脳側性化に対する嗅覚刺激の影響
—両耳分離聴テストによる研究—
宮崎 泰広種村 純伊藤 慈秀
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 22 巻 4 号 p. 300-305

詳細
抄録

   正常成人計 26名 (20~30歳,男性 10名・女性 16名) を対象に,純音・震音・複合音の組合せによる非言語音刺激テープを用いて両耳分離聴テストを行い,非言語音認知の大脳側性化に対するアルコール嗅覚刺激による影響を検討した。
   非言語音認知の大脳側性化は,男性では有意に右半球 (左耳) 優位性 (p<0.05) を示したが,女性では右半球優位ながら,有意差は認めなかった。しかしアルコール嗅覚刺激後は,男性・女性とも有意に左半球 (右耳) 優位性 (p<0.05) を示すようになった。
   本実験で,男性・女性とも非言語音認知がアルコール嗅覚刺激により右半球優位から左半球優位に変化したことから,嗅覚刺激は非言語音認知の大脳側性化へ影響を与える可能性があることが示唆された。

著者関連情報
© 2002 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会 (旧 日本失語症学会)
前の記事 次の記事
feedback
Top