J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

生物物理
Vol. 55 (2015) No. 2 通巻318号 p. 104-107

記事言語:

http://doi.org/10.2142/biophys.55.104

理論/実験 技術
  • 1) Jones, N. (2012) Nature 487, 22-23. DOI: 10.1038/487022a.
  • 2) 「タンパク質分子の分子模型及びその作製方法」川上勝(北陸先端科学技術大学院大学).特許第5344391号.2009.
  • 3) Kawakami, M. (2012) Rev. Sci. Instrum. 83, 084303. DOI: 10.1063/1.4739961.
  • 4) Francl, M. (2013) Nat. Chem. 5, 147-148. DOI: 10.1038/nchem.1585.
Copyright © 2015 by THE BIOPHYSICAL SOCIETY OF JAPAN

記事ツール

この記事を共有