J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

分析化学
Vol. 63 (2014) No. 7 p. 609-617

記事言語:

http://doi.org/10.2116/bunsekikagaku.63.609

技術論文

顕微鏡観察下でのアスベスト種類間の同定及びアスベストとほかの建材資材との識別を目的として,5種類のアスベストと6種類の建材資材試料に波長266 nmの紫外レーザー光を照射して発生する波長範囲350~650 nmのレーザー誘起蛍光の減衰比を調査し,比較評価した.すべてのアスベスト及び建材試料では,その波長範囲での蛍光の減衰比は一定でなく,波長及び経過時間によって多様に変化することが観測された.また,アスベストの代替資材として多く使用されているグラスウール等の繊維状試料では,波長360から400 nmにおいてアスベストと減衰比の顕著な差異が現れた.レーザー照射後10 nsでの波長範囲405~407 nmでの蛍光減衰比の比較が,アスベスト種類間の同定及びアスベストと代替建材試料の識別において最適であることが分かった.

Copyright © The Japan Society for Analytical Chemistry 2014

記事ツール

この記事を共有