脳循環代謝(日本脳循環代謝学会機関誌)
Online ISSN : 2188-7519
Print ISSN : 0915-9401
シンポジウム11 神経再生と脳保護療法
脳梗塞に対するヒト神経幹細胞移植後の内在性修復メカニズム―幹細胞は興奮性シナプスを増加させる―
日宇 健堀江 信貴Tonya Bliss西山 康裕山口 将福田 雄高堤 圭介松尾 孝之永田 泉Gary Steinberg
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 26 巻 2 号 p. 151-154

詳細
抄録

要旨 移植されたヒト神経幹細胞がホストの内在性修復機構を促進するという仮説を基に機能回復の内在性修復メカニズムを検証した.ヌードラットに中大脳動脈脳皮質梗塞モデルを作成し,1 週間後にヒト神経幹細胞を同側皮質に定位移植した.機能回復は移植4 週間後でみられ,脳梗塞後のangiogenesis,axonal sprouting,dendritic branching については,移植細胞により修飾亢進された.高解像度イメージングを駆使したarray tomography を用いて シナプスの定量化を行い,移植4 週間後に細胞移植群で皮質第5 層に興奮性シナプスが増加した.神経幹細胞移植に伴うシナプスの変化をin vivo で捉え,synaptogenesis が機能回復に一致して起こることが明らかとなった.

著者関連情報
© 2015 日本脳循環代謝学会
前の記事 次の記事
feedback
Top