Chem-Bio Informatics Journal
Online ISSN : 1347-0442
Print ISSN : 1347-6297
ISSN-L : 1347-0442
Original
スルホニウム p -トルエンスルホン酸誘導体の抗アレルギー薬としての最適疎水性
多田 幸雄山脇 一郎上田 修一松本 宏松浦 直資安本 三治江田 昭英堀 幹夫
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 12 巻 p. 25-38

詳細
抄録

スルホニウム化合物の分配係数 logK 値は実測されていなかったので、これまでは置換基の πの計算値のみを用いてQSAR解析を報告してきた。本研究においては、固定相としてオクチルシリル化されたシリカゲルプレート(Merck HPTLC RP-8 F253S)、移動相として 50%(V/V) エタノール水溶液を用いて、抗アレルギー剤である Suplatast Tisilate (IPD-1151) の開発におけるスルホニウム化合物の logK 値を測定した。最適化された化合物 52 および 67 (Suplatast Tosilate)の logKTLC値は、それぞれ 0.07 と 0.06 であった。従って、抗アレルギー剤としてのスルホニウム化合物の望ましい logKTLC の値はほぼ 0 であることが判明した。

著者関連情報
2012 Chem-Bio Informatics Society
前の記事 次の記事
feedback
Top