ケモインフォマティクス討論会予稿集
第41回ケモインフォマティクス討論会 熊本
会議情報

ポスター発表
反応予測に寄与する量子化学的記述子の解析
*藤波 美起登清野 淳司中井 浩巳
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 1P06-

詳細
抄録

反応予測は、与えられた反応物から、化学反応を経て得られる生成物を予測する手法である。近年、フィンガープリントを記述子として機械学習を用いる方法が、その精度の高さから、盛んに研究が行われている。本研究では、汎用的に用いることができる記述子の発見や、化学反応の物理化学的解釈を目的として、量子化学計算から得られた量子化学的記述子と機械学習を用いた反応予測手法を開発した。本手法は、これまでに極性、ラジカル反応に対してフィンガープリントを用いるのと同様の精度で反応を予測することを示した。本研究では、本手法をペリ環状反応の予測手法へと拡張し、さらに予測に寄与した量子化学的記述子の解析を行った。本手法によるペリ環状反応の予測精度を示し、さらに極性、ラジカル、ペリ環状反応の予測に寄与する記述子の解析結果を報告する。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top