日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
皮膚科セミナリウム 第25回 皮膚のウイルス感染症
疣贅,伝染性軟属腫
江川 清文
著者情報
ジャーナル 認証あり

2007 年 117 巻 5 号 p. 783-790

詳細
抄録

疣贅(ウイルス性)は,ヒト乳頭腫ウイルス(human papillomavirus:HPV)感染による皮膚・粘膜良性腫瘍の総称で,俗に“いぼ”と呼ばれる.原因HPVの違いにより,尋常性疣贅,(青年性)扁平疣贅,尖圭コンジローマ,ボーエン様丘疹症,特殊病型として足底表皮様囊腫や遺伝性で高発癌性の疣贅状表皮発育異常症などがある.伝染性軟属腫は,伝染性軟属腫ウイルス(molluscum contagiosum virus:MCV)感染による良性腫瘍で,外観が水様光沢を帯びて見えることより,俗に“みずいぼ”と呼ばれる.

著者関連情報
© 2007 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top