E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
解説記事
カナダにおける二言語主義の現状と課題
大石 太郎
著者情報
ジャーナル フリー

12 巻 (2017) 1 号 p. 12-29

詳細
PDFをダウンロード (2422K) 発行機関連絡先
抄録

2017年に連邦結成150周年を迎えるカナダは,英語とフランス語を公用語とする二言語国家として知られるが,その実態は複雑であり,必ずしも正確に理解されていない.そこで本稿では,言語景観と二言語話者人口に注目し,カナダの二言語主義の現状と課題を現地調査と国勢調査に基づいて解説する.カナダでは1969年に制定された公用語法により,連邦政府の施設は二言語で表記され,二言語でサービスを提供することになっている.一方で,各州の行政はそれぞれの法令に基づいている.したがって,同じ場所に立地していても,連邦と州の施設では用いられている言語が異なる場合がある.また,英語圏の大都市において二言語話者人口の割合が非都市地域よりもやや高い傾向がみられるものの,ケベック州をはじめとするフランス語を母語とする人口の割合が高い地域において,二言語話者人口の割合が高い傾向はあまり変わっていない.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top