E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
提言
ハザードマップを補う地形分類図と陰影起伏図の活用
海津 正倫
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 15 巻 2 号 p. 221-227

詳細
抄録

近年,著しい水害が発生しているが,その際に注目されるのがハザードマップである.ハザードマップにはそれぞれの場所の土地条件と関わる場所的特性が十分に示されていないことや,隣接する自治体の地域が示されていないこと,異なる流域ごとにシミュレーションが行われていて同一場所に関する図面が複数にわたる場合があるなどの不十分な点がある.そのような点を補う上で,水害リスクを読み取ることのできる地形分類図と併用することが有効であると考える.ただし,地形分類図はそのままでは一般の人にとって理解しにくい.そこで,陰影起伏図との重ね合わせによって土地の様子をより実感的に示すことが望まれる.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top