E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
調査報告
東日本大震災被災地における食料品小売業の復興プロセスと仮設住宅居住者の生活環境問題
岩間 信之佐々木 緑田中 耕市駒木 伸比古浅川 達人
著者情報
ジャーナル フリー

7 巻 (2012) 2 号 p. 178-196

詳細
PDFをダウンロード (3614K) 発行機関連絡先
抄録

本稿の目的は,被災地における食品流通の復興プロセスを明らかにするとともに,仮設住宅入居後における買い物環境の変化と食品供給問題改善のための課題を整理することにある.研究対象地域は岩手県下閉伊郡山田町である.東日本大震災により,山田町の市街地は壊滅的な打撃を受けた.震災発生当初,被災者は深刻な食糧難に見舞われた.現在,商業施設の復興はある程度進んでいるものの,仮設住宅の住民の間で買い物環境が悪化している.市街地および仮設住宅周辺において,フードデザートエリアの拡大が確認された.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top