地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
日本地質学会第113年学術大会 2006年 高知 見学旅行案内書
室戸半島の第四紀地殻変動と地震隆起
前杢 英明
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 112 巻 Supplement 号 p. S17-S26

詳細
抄録

高知から室戸岬にかけての土佐湾北東部の海岸に沿って,標高数百m以下に海成段丘がよく発達している.特に室戸岬に近い半島南部では,段丘面の幅が広くなり,発達高度がより高いことから,切り立った海食崖と平坦な段丘面のコントラストが印象的であり,海成段丘地形の模式地として地理や地学の教科書等に頻繁に取り上げられてきた.本コースの見どころは,室戸沖で発生する地震性地殻変動と海成段丘形成史とのかかわりについて,これまでの研究成果をふまえて,傾動隆起などを実際に観察できることにある.さらに,ここ数千年間の地震隆起様式について,地形・地質学的証拠と測地・地球物理学的な見解に相違点があることを,現地を見ながら確認できる.

著者関連情報
© 2006 日本地質学会
次の記事
feedback
Top