地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
ISSN-L : 0016-7630
最新号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
特集 堆積学・堆積地質学の日本における進展と展望
前文・表紙説明
総説
  • 後藤 和久, 菅原 大助
    2021 年 127 巻 4 号 p. 199-214
    発行日: 2021/04/15
    公開日: 2021/07/15
    ジャーナル フリー

    過去約25年で津波堆積物の研究は大きく進展し,日本各地の沿岸部の古津波履歴や規模の解明が進められてきた.一方で,2004年インド洋大津波や2011年東北地方太平洋沖地震津波等の最近の津波イベントにより形成された堆積物の調査研究も活発に行われ,堆積学的特徴や堆積過程等が検討されてきた.津波防災計画の立案にも堆積学的研究が活用されるようになった現在では,学術的研究の推進のみならず,いかに迅速に成果を社会に還元するかも重要になっている.次の25年間に我が国のいずれかの地域で巨大津波が発生する可能性は十分に考えられ,地質学的研究成果を踏まえた適切な減災対策が講じられることが望まれる.

  • 保柳 康一
    2021 年 127 巻 4 号 p. 215-224
    発行日: 2021/04/15
    公開日: 2021/07/15
    ジャーナル フリー

    1980年代には堆積相解析に基づく堆積環境復元の研究は,日本においても高いレベルに達していた.さらに,シーケンス層序学研究が1990年代に盛んになることによって,地層の形成環境を時間軸に沿って動的に復元するダイナミックな地層研究がなされるようになった.また,この時期には日本人著者の堆積地質学論文の国際誌への掲載が増加した.2006年には国際堆積学会議(ISC2006)が福岡で開催され,東アジア各国はじめ国外の研究者との交流が盛んになった.分析機器の進歩による豊富なデータ,数値解析を含む実験,そして野外調査に基づく地層の詳細な観察が堆積地質学の急速な発展をもたらした. しかし,近年,社会と自然の環境変化が研究者の野外調査に困難をもたらしている.

  • 高野 修, 荒戸 裕之
    2021 年 127 巻 4 号 p. 225-235
    発行日: 2021/04/15
    公開日: 2021/07/15
    ジャーナル フリー

    1992年頃から2017年頃の間の,本邦における「石油探鉱開発技術にかかる堆積学関連手法の進展」を概観した.この期間における石油探鉱開発技術にかかる堆積学的手法の進展で特筆できるものとして,シーケンス層序学の導入と実適用,三次元地震探査データを用いた震探地形学の進展と適用,貯留層堆積モデルの精密化・高度化,三次元地質/貯留層モデリング技術の進展,石油システムの概念に基づく堆積盆解析の視点の拡大,非在来型炭化水素資源開発にかかる珪質岩堆積学およびメタンハイドレート貯留層分布・性状に関する研究の進展をあげることができる.

通常号
レター
報告
feedback
Top