日本造血細胞移植学会雑誌
Online ISSN : 2186-5612
ISSN-L : 2186-5612
症例報告
同種骨髄移植後後期に慢性移植片対宿主病を伴わない免疫性血小板減少症を発症した原発性骨髄線維症の一例
前川 隆彰武 純也河村 俊邦堀内 俊克加藤 章一郎彦田 玲奈山村 武史渡邉 純一小林 彩香小林 真一佐藤 謙木村 文彦
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 3 巻 4 号 p. 114-119

詳細
抄録

HLA一致非血縁ドナーより同種骨髄移植を受けた46歳の原発性骨髄線維症の男性。移植後の血小板数は3×104/μl台で安定していたが,移植後199日目に感染や慢性移植片対宿主病(GVHD)を伴わず,急性の経過で0.7×104/μlまで低下した。好中球減少や貧血は認めず,末梢血のキメリズム解析では完全ドナー型を維持しており,二次性の生着不全は否定された。脾腫の増大も認めなかった。血小板輸血に反応せず,抗HLA抗体は陰性であったが,抗GPIIb/IIIa抗体が検出された。PAIgGの上昇も認め,免疫性血小板減少症(ITP)と診断した。prednisolone 1mg/kgで治療を開始し,治療開始7日目より血小板数が増加した。同種移植後のITPの多くはGVHD等が関与しており,しばしば治療抵抗性である。本症例は他の免疫反応を伴わず治療反応性も良好であった。病態を検討する上で重要な症例と考えたため,文献的考察を加え報告する。

著者関連情報
© 2014 一般社団法人 日本造血細胞移植学会
前の記事 次の記事
feedback
Top