爬蟲兩棲類學雑誌
Online ISSN : 1883-4493
Print ISSN : 0285-3191
日本近海におけるCarettaLepidochelys
カメ目:ウミガメ科
西村 三郎原 幸治
著者情報
ジャーナル フリー

1967 年 2 巻 3 号 p. 31-35

詳細
抄録

日本近海産アカウミガメ類の分類学的取扱いが混乱している現状を明らかにし,次のことをのべた。
1.日本近海に普通に産し,南日本に産卵のため上陸するいわゆる‘アカウミガメ’の集団は唯1種よりなり,それはolivacea Eschscholtzではなく,caretta Linnéに該当する。
2.したがって,この集団の学名としてはCaretta caretta(Linné),そして,和名としては‘アカウミガメ’を用いるべきである。
3.いっぽう,Lepidochelys olivacea(Eschscholtz)の日本近海における出現は稀なようで,現在のところ,確実な記録としては,福岡県志賀島および新潟県寺泊での捕獲があるのみである。
4.Lepidochelys olivaceaを‘ヒメウミガメ’と呼ぶことを提案する。

著者関連情報

この記事は最新の被引用情報を取得できません。

© 日本爬虫両棲類学会
前の記事
feedback
Top