国際生命情報科学会誌
Online ISSN : 2424-0761
Print ISSN : 1341-9226
ISSN-L : 1341-9226
第27回生命情報科学シンポジウム
音楽刺激が心拍変動に与える影響
(発表論文,第27回生命情報科学シンポジウム)
青木 孝志足達 義則鈴木 昭二
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 27 巻 1 号 p. 48-54

詳細
抄録

音楽刺激による心拍数および心拍ゆらぎの変化を調査した。被験者は22-23歳の健康な男子10人であった。音楽は一つのJ-Pop,Judy and Maryの歌"くじら12号"を用いた。音楽刺激の刺激前5分,刺激中5分,刺激後5分の脈波を測定した。その結果、心拍数に有意な変化は見られなかった。LF/HFは刺激中において有意に減少した(LFおよびHFは、それぞれ、心拍変動のパワースペクトルのlow frequency成分およびhigh frequency成分を意味する)。これは、刺激中に交感神経の活動を抑制することが示唆された。LFは刺激後有意に上昇した。これは刺激後においてストレスの軽減効果が示唆された。本実験で用いた音楽の刺激は音楽療法に効果があると思われる。

著者関連情報
© 2009 国際生命情報科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top