日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
論文
地震防災取り組みにおける災害リスクコミュニケーション手法の構造化と実践効果 ~茨城県つくば市筑波小学校区の事例~
李 泰榮田口 仁臼田 裕一郎長坂 俊成坪川 博彰
著者情報
ジャーナル フリー

17 巻 (2017) 1 号 p. 1_63-1_76

詳細
PDFをダウンロード (2955K) 発行機関連絡先
抄録

地域社会の多様性を考慮しつつ災害時の適切な対応のためには, 地域固有の災害リスク情報をもとに, 平時から様々な地域関係者の災害リスクコミュニケーションが実現できる防災活動を展開していく必要がある.そこで, 本研究では, 地域コミュニティの防災活動を支援する災害リスクコミュニケーション手法を構造化し, 小学校区を対象にした地震防災取り組みへの適用を通じて, 災害に対する地域社会の対応力向上への有効性を検証した.その結果, 様々な地域関係者の災害リスクコミュニケーションにより, 地域固有の災害リスクが評価でき, 地域実態を踏まえたリスクの顕在化が可能となり, 地域社会に蓄積されている多様な社会資源を活用した実効性のある防災体制の再編が確認できた.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top