日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
特集1
小児における甲状腺癌の超音波所見
鈴木 眞一鈴木 聡岩舘 学立谷 陽介芦澤 舞大河内 千代中野 恵一中村 泉福島 俊彦水沼 廣鈴木 悟
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2017 年 34 巻 1 号 p. 7-16

詳細
抄録

小児甲状腺癌は稀な疾患とされているが思春期若年成人では決して稀ではない疾患である。その超音波所見につき解説する。小児若年者の甲状腺癌の大半は乳頭癌であり,なかでも多くが古典型と言われる通常型である。浸潤型が多く境界不明瞭でリンパ節転移が多い。さらに特殊型のびまん性硬化型乳頭癌類似の腺内散布像を認める。特殊型もあることを念頭に置くが,通常の乳頭癌の術前診断が重要であり,ドプラ法,エラストグラフィも組み合わせ診断する。術前術後のリンパ節の評価には超音波診断が重要である。小児若年者甲状腺癌に関しては術前術後の超音波検査は極めて重要である。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top