地下水学会誌
論文 深部地下水流動系を抽出するための後背地地形の影響を考慮した広域地下水流動解析
稲葉 薫三枝 博光
著者情報
ジャーナル フリー

47 巻 (2005) 1 号 p. 81-95

詳細
PDFをダウンロード (28972K) 発行機関連絡先
抄録

数km四方の領域における地下水流動特性を地下水流動のモデル化・解析により評価する際には,適切にモデル化領域およびその境界条件を設定することが重要である.このためには,酒養域から流出域までを包含する地下水流動系を抽出することが一つの有効な手段であると考えられる.また,深部地下水流動系は主に後背地地形や大規模な断層,地下水面に影響を受けていると考えられる.本研究ではこれらの影響を考慮した複数の広域スケールのモデル化及び地下水流動解析を実施した.その結果,深部地下水流動系を抽出するとともに,この深部地下水流動系を包含する数km四方の領域における地下水流動場を評価するためのモデル化領域およびその境界条件を設定することができた.

著者関連情報
© 公益社団法人 日本地下水学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top