J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本補完代替医療学会誌
Vol. 2 (2005) No. 2 P 113-125

記事言語:

http://doi.org/10.1625/jcam.2.113

総説

根拠に基づく医療 (EBM) の手法を用いた診療ガイドラインに対する関心が医療者のみならず,一般の人々の間でも高まっている.診療ガイドラインの定義は「特定の臨床状況のもとで,医療者と患者の意思決定を支援する目的で,系統的に作成された文書」であるが,その意義は国内では必ずしも適切に理解されていない.本レビューは,国内における診療ガイドラインに関する取り組み,課題と展望の紹介を行うものである.

Copyright © 2005 日本補完代替医療学会

記事ツール

この記事を共有