医療福祉政策研究
Online ISSN : 2433-6858
医療福祉政策研究への多様な接近
展望
松田 亮三
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2019 年 2 巻 1 号 p. 3-14

詳細
抄録

 公共政策の一領域として医療福祉政策を研究する上で、公共政策そのもののとらえ方に幅があること、政策分析には「政策のための分析」と「政策の分析」という大きな区分がなされていること、をふまえるべきである。また、医療福祉領域での政策分析を構想する上で、政策形成への助言としての政策分析、社会的議論への寄与を目的とする解釈学的分析、「落としどころ」を探る政策分析、社会批判としての政策分析など、多様な政策分析への接近が発達してきていることが、注目される。政策分析を一つの実践として考えると、規範・価値評価との関わりで自らの分析をどのように位置づけるのか、分析結果を誰がどのように役立てることを想定するのか、に注意することが求められる。多様な国内外の学術組織がある中、医療福祉政策を焦点とする学会においては、学範を超えた交流の促進が期待される。

著者関連情報
© 2019 日本医療福祉政策学会
前の記事 次の記事
feedback
Top