パワー・エレクトロニクス研究会講演論文集
Online ISSN : 1884-3263
Print ISSN : 0387-7043
ISSN-L : 0387-7043
PWMインバータデジタルフィードバック波形合成法の概説
河村 篤男
著者情報
ジャーナル フリー

1989 年 15 巻 p. 7-16

詳細
抄録

PWMインバータの出力電圧波形合成法として、近年、マイクロプロセッサを用いたデジタルフィードバック則が広く研究開発されている。この手法では、サンプル時刻毎に出力信号を検出してデジタル量へ変換し、出力電圧を合成するための複雑な制御則をマイクロコンピュータで実行し、インバータのパルスパターンを決めている。この手法のモデル化、制御則の導出、実証試験結果等について筆者の発表文献を中心にまとめる。
以下の英文は、1989 International Symposium on Power Electronics (Seoul Korea, 1989 May 26-28) を手直ししたものである。

著者関連情報
© パワーエレクトロニクス学会
前の記事 次の記事
feedback
Top