音声言語医学
総説
職業歌手にみられる音声障害への対処
─音楽療法士の立場から:学際的視点に基づいて─
羽石 英里
著者情報
キーワード: 音声障害, 職業歌手, 歌唱
ジャーナル フリー

53 巻 (2012) 3 号 p. 177-182

詳細
PDFをダウンロード (362K) 発行機関連絡先
抄録

職業歌手における音声障害の意味を知るために,オペラ,ミュージカル,ジャズ,ポピュラーを含むさまざまなジャンルの職業歌手9名を対象にインタビューを行った.インタビューでは,まず望ましい歌唱時の状態・身体感覚・筋感覚を言語化してもらい,次に望ましくない状態,すなわち音声障害の様子と,耳鼻咽喉科の受診等について語ってもらった.望ましい歌唱時には,呼吸の適切なコントロールにより,発声・共鳴も含めた歌うことのシステム全体が調整されていること,喉頭がリラックスした状態にあることなどが,歌手たちの言語表現から推察された.職業歌手は歌うためにさまざまな筋肉を使う「アスリート」であり,音声障害には,身体全体の調整不良が背景にある場合が考えられる.コンサートをキャンセルできない等の職業歌手に特有な「労働環境」,歌うことを職業とするがゆえの不安・ストレスへの理解も,職業歌手の音声障害への対処にあたって重要と思われる.

著者関連情報
© 2012 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top