J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

音声言語医学
Vol. 55 (2014) No. 4 p. 326-332

記事言語:

http://doi.org/10.5112/jjlp.55.326

原著

本研究では,小学校低学年(2,3年生)と高学年(5,6年生)の典型発達児において,仮名文字による実在語と同音疑似語(文字列は実在しないが音韻列は実在する)の語彙判断に文字長と語彙性が及ぼす影響を検討した.本研究では,文字列情報の有無の違いによって語彙性の違いが生じるように,実在語と同音疑似語の音を等しく統制した.その結果,両学年に語彙性効果が認められたことから,低学年から語彙判断に対する文字列の視覚的な情報処理の関与が示された.また両学年のひらがなに文字長効果が認められなかったことから,文字列全体を系列的にではなく並列的に処理していると思われた.これらの現象は読みの二重経路モデルの枠組みにおいて説明可能であった.すなわち,語彙性効果が認められ,かつ文字長効果が有意でなかったことから,語彙経路における文字列辞書が関与する処理過程が示されたのではないかと思われた.

Copyright © 2014 日本音声言語医学会

記事ツール

この記事を共有