家族社会学研究
Online ISSN : 1883-9290
Print ISSN : 0916-328X
ISSN-L : 0916-328X
特集 専門家による家族介入の現在――家族を外側から支える実践
専門家による家族介入の現在――家族を外側から支える実践:特集への招待
和泉 広恵野沢 慎司
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 29 巻 1 号 p. 34-37

詳細
抄録

近年,家族社会学においては,「家族」の多様化と意味変容に関する研究が蓄積されている.一方で,様々な領域において「家族」がその外側からの介入/支援を受け入れ,それによって維持・再編されるようになってきた.そこで,本シンポジウムでは,「家族」に対する専門家という第三者の介入が,精神保健・司法・福祉の各領域においてどのように実践されているのかを検討し,家族社会学の新たな展開の可能性を論じることをねらいとした.本シンポジウムでは,中村伸一氏(家族療法家),原田綾子氏(法社会学),中根成寿氏(福祉社会学)の3名の報告に対し,天田城介氏,松木洋人氏からのコメントが行われた.オーガナイザーおよび司会は,和泉広恵・野沢慎司が務めた.

著者関連情報
© 2017 日本家族社会学会
前の記事 次の記事
feedback
Top