蘇生
Online ISSN : 1884-748X
Print ISSN : 0288-4348
総説
新しい一次救命処置のガイドラインについてJRC蘇生ガイドライン2015より
山下 和範長谷 敦子
著者情報
ジャーナル フリー

37 巻 (2018) 1 号 p. 1-7

詳細
PDFをダウンロード (2290K) 発行機関連絡先
抄録

 2015年10月16日にGRADEシステムを用いて作成されたコンセンサス(CoSTR2015)と同時に,CoSTR 2015を基盤として日本蘇生協議会(JRC) が作成したJRC蘇生ガイドライン2015オンライン版および書籍版が公開された。良質な胸骨圧迫を心停止後直ちに,かつ絶え間なく行うことがBLSにおいて最も重要な要素であるのは不変の原則であり,そのために心停止の判断,胸骨圧迫のテンポと深さ,中断時間,人工呼吸を行う条件が変更となった。市民救助者に伝える際の胸骨圧迫の位置の目安や,脈拍チェックのタイミングなど,まだ解決されていない問題への今後の研究が待たれる。

著者関連情報
© 2018 日本蘇生学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top