蘇生
Online ISSN : 1884-748X
Print ISSN : 0288-4348
最新号
日本蘇生学会雑誌
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
総説
  • 丸川 征四郎
    2018 年 37 巻 2 号 p. 60-65
    発行日: 2018/08/31
    公開日: 2018/10/06
    ジャーナル フリー

     119番通報があって現場に出場した救急隊が,傷病者の家族等から傷病者の意思としてDNAR指示が提示される事案が増加している。日本臨床救急医学会は,この傷病者の意思を救急現場でも容認するための具体的なシステムを,我が国で初めて提言した。しかし,現行の消防法など関連法令と整合するのか,胸骨圧迫を行わずに傷病者を医療機関へ搬送することは倫理的に容認されるのか,など根本的な問題が指摘されている。

     本論では,法的整合性は現行法の拡大解釈で説明可能であり,救命処置をせずに搬送することは,死の多重基準と言う新しい概念を導入することで説明可能であることを論じる。

症例報告
  • Yamaguchi Satoshi
    2018 年 37 巻 2 号 p. 66-71
    発行日: 2018/08/31
    公開日: 2018/10/06
    ジャーナル フリー

    In general, pulmonary aspiration during anesthesia can occur in patients who have several risk factors. The practical reports of risk-free cases during short periods of light sedation or monitored anesthesia care (MAC) are limited. Herein, a 60-year-old healthy male patient underwent brief manipulation under MAC, preceded by preoperative fasting. He had no risk factors for aspiration. The procedure was completed in 10 min under MAC using 100 mg of propofol and temporary 2-3% sevoflurane, without the airway securing. Prior to awakening, he vomited a small amount of gastric contents. His respiratory state was stable 30 min after that. However, 60 min later, he developed aspiration pneumonitis. His respiratory condition deteriorated rapidly, and 150 min later, he developed acute respiratory distress syndrome (ARDS). In addition to mechanical ventilation as a lung protective strategy, methylprednisolone, sivelestat sodium, and antibiotics were administered continuously. The following day, the patient showed a marked improvement. In conclusion, MAC during a brief surgical procedure like using 100 mg of propofol and 2-3% sevoflurane without the airway securing can be a serious risk factor of perioperative regurgitation and pulmonary aspiration, even if a risk-free patient follows the preoperative fasting procedure. In addition, even if patient's condition is stable immediately after aspiration, aspiration pneumonitis may occur for a short time and deteriorate to ARDS rapidly.Key words : Aspiration pneumonitis, Pulmonary aspiration, Monitored anesthesia care

  • 小鹿 恭太郎, 金田 徹
    2018 年 37 巻 2 号 p. 72-75
    発行日: 2018/08/31
    公開日: 2018/10/06
    ジャーナル フリー

     59歳女性。術前ASA PS1と評価。下顎骨骨髄炎に対して全身麻酔下に腐骨除去術を施行した。手術翌日に頭痛とめまいが出現,術後2日目には意識障害が出現した。血液検査所見で低ナトリウム血症と低血糖を認めた。内科医による精査により原発性副腎不全の診断に至り,直ちにヒドロコルチゾンの経口投与を開始した。その結果血清ナトリウム値の改善を認め,2日後には意識清明となった。本症例では術前に副腎機能が低下していた可能性があったが通常の術前評価では明らかではなく術後の急性副腎不全発症を予測することは困難であった。手術という生体への過大な侵襲がその原因となり発症しうる可能性を認識することが重要と考えられた。

  • 西山 友貴
    2018 年 37 巻 2 号 p. 76-79
    発行日: 2018/08/31
    公開日: 2018/10/06
    ジャーナル フリー

    頚髄損傷後に抗利尿ホルモン分泌異常症候群(SIADH)を生じた症例を経験した。49歳,男性,溝への転落によりC4-5前方脱臼による完全四肢麻痺を生じ,脱臼整復,プレート固定術を施行された。術後鎮静下人工呼吸中,受傷7日目,血清Na濃度130.0mEq/L,血中抗利尿ホルモン6.1pg/mL,血清浸透圧232 Osm/kg,尿浸透圧>300 mOsm/kg,尿中Na108.4 mEq/LからSIADHと診断,生理食塩水1000mL/day投与とし,翌日血清Na濃度は142.0 mEq/Lに改善した。頚髄損傷ではSIADHを生じる可能性があるが,鎮静下人工呼吸を行うことも多く,症状が出現しないため,電解質を頻回に検査することで早期診断して直ちに水分制限すべきである。

  • 長田 圭司
    2018 年 37 巻 2 号 p. 80-82
    発行日: 2018/08/31
    公開日: 2018/10/06
    ジャーナル フリー

     77歳女性。夫を亡くし抑うつ状態となった。うつ症状による嚥下障害が続くため精査目的で入院した。検査後に呼吸困難となり気管挿管した。抜管するもすぐに吸気性喘鳴が出現し再挿管となった。再挿管時の喉頭ファイバー所見で吸気時に声帯の内転を呈し,Paradoxical vocal cord motion(PVCM)に矛盾しない所見であった。PVCMは発作には心因的な要因が大きいと考えられ,本症例も原因の1つと考えられた。うつ病患者の抜管後にPVCMが原因の吸気性喘鳴を聴取した症例を経験した。このようなストレス素因がある患者で抜管後に喉頭部で吸気性喘鳴を聴取する場合はPVCMを鑑別する必要がある。

feedback
Top