日本臨床外科学会雑誌
Online ISSN : 1882-5133
Print ISSN : 1345-2843
ISSN-L : 1345-2843
症例
非外傷性破裂をきたした脾血管腫の1例
高橋 裕季渡邊 透栃本 昌孝川口 雅彦加藤 秀明
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 75 巻 9 号 p. 2564-2568

詳細
抄録

症例は45歳,女性.左上腹部痛を主訴に当院来院.来院時の血液検査では貧血を認めた.腹部超音波検査・腹部造影CT検査で脾内に類円形の内部不均一な腫瘤を認め,周囲に血腫を認めた.脾腫瘍の破裂と診断し,緊急で脾摘出術を施行した.腫瘍は病理組織学的に血管腫と診断された.術後は経過良好で第8病日退院となった.脾血管腫の非外傷性破裂と診断され,脾摘出術を施行した1例を経験したので,若干の文献的考察を加えて報告する.

著者関連情報
© 2014 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top