J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本臨床麻酔学会誌
Vol. 24 (2004) No. 10 P 599-603

記事言語:

http://doi.org/10.2199/jjsca.24.599

症例報告

冠動脈3枝病変を合併した, 高齢者(80歳代女性)の胃切除術2症例に対し, ランジオロール持続投与下に硬膜外麻酔併用全身麻酔を行った. 麻酔導入時から頻脈の予防にランジオロールの少量持続投与を開始した. 気管挿管後に血圧低下や徐脈を認めたが, 投与の一時中止やエフェドリンにて速やかに回復した. 麻酔中, 麻酔覚醒後を通じて血圧・脈拍は安定し心筋虚血を認めなかった. 高齢者虚血性心疾患患者に対するランジオロールの使用は頻脈の予防に有効であるが, 麻酔導入時の低血圧・徐脈の可能性を念頭に慎重な投与が必要である.

Copyright © 2004 日本臨床麻酔学会

記事ツール

この記事を共有