教育情報研究
Online ISSN : 2432-1745
Print ISSN : 0912-6732
初等中等教育におけるプログラミング教育の教育的意義の考察
山本 利一本郷 健本村 猛能永井 克昇
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 32 巻 2 号 p. 3-12

詳細
抄録

本研究は,プログラミング教育に関する教育的意義やその効果を先行研究から整理し,今後それらを推進するための基本的な知見を得ることを目的とする.そのために,初等中等教育におけるプログラミング教育の位置づけを学習指導要領で確認した後,先行研究を整理した.その結果,プログラミング教育の教育的意義や学習効果は,①新たなものを生み出したり,難しいものに挑戦しようとする探究力,②アルゴリズム的思考,論理的思考力,③物事や自己の知識に関する理解力,④自分の考えや感情が発信できる表現力や説得力,⑤知恵を共有したり他者の理解や協力して物事を進めたりする力,⑥プログラミングを通して情報的なものの見方や考え方を身に付けることができる,ことであることが示された.

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top