日本ペインクリニック学会誌
Online ISSN : 1884-1791
Print ISSN : 1340-4903
症例
難治性吃逆患者8例の治療経験
榎本 澄江寺田 哲木村 理恵林 映至新井 丈郎奥田 泰久
著者情報
ジャーナル フリー

24 巻 (2017) 1 号 p. 35-37

詳細
PDFをダウンロード (596K) 発行機関連絡先
抄録

吃逆とは,間代性で不随意な横隔膜の痙攣様収縮で,吃逆が48時間または1~2カ月以上持続もしくは発作が再発するものは難治性吃逆と定義されている.今回,当科に紹介された難治性吃逆患者8例の治療を経験したので報告する.横隔神経ブロックと薬物療法で対応して,8例中,吃逆が消失5例,軽減1例,不変2例であった.横隔神経ブロックとバクロフェンは難治性吃逆の治療に有効であることが示唆された.

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本ペインクリニック学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top