日本野生動物医学会誌
Online ISSN : 2185-744X
Print ISSN : 1342-6133
原著論文
ハシビロコウの拡張した咽頭および舌骨の機能形態学
遠藤 秀紀山崎 剛史森 健人工藤 光平小薮 大輔
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 19 巻 1 号 p. 21-25

詳細
抄録

ハシビロコウ(Balaeniceps rex)の咽頭腔と舌骨を三次元 CT画像解析により検討した。咽頭と頭側の食道は,左右両側へ著しく拡大していた。巨大な咽頭と頭側の食道,固定されていない柔軟な舌骨,退化した舌が観察された。これらはハシビロコウがその採餌生態に特徴的な大きな食魂を受け止めることを可能にしていると考えられた。ハシビロコウの咽頭腔領域の構造は,大きな食塊を消化管へ通過させる柔軟な憩室として機能していることが示唆された。また,舌骨,口腔,咽頭腔,頭側の食道腔に左右非対称性が観察された。この非対称性もハシビロコウが大きな魚体を嚥下することに寄与している可能性がある。

著者関連情報
© 2014 日本野生動物医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top